専門家によると、とある新たな流行語がデジタル所有権の世界を支配すると言います。BTCMEXブログで、トークン化された未来へ目を向けましょう!

Mattew Roszak氏が2017年に言及しいたように、最大のタクシー会社Uberは車を所有しておらず、最大のメディア会社Facebookはコンテンツを作成しておらず、最大の宿泊施設提供会社Airbnbはホテルを所有しておらず、最大のEコマース会社Alibabaは在庫を持っておらず、上限700億ドルの(2017年のBitcoin)通貨には銀行支店もCEOもカスタマーサービス部門も存在しません。 

今日の世界においてテクノロジーは「力」です。トークン化された資産は、お金に代表される物理的な商品の価値によってテクノロジーに力を与えました。お金が力に等しいものを使うという古いモデルは、ブロックチェーン上での仮想通貨とトークン化された資産の台頭により、お金がテクノロジーになるというモデルに変わりつつあります。

ともかく、トークン化って何でしょう?

資産のトークン化とは、ブロックチェーン上のデジタルトークンを用いて有形資産の所有権を表現することです。注目すべき例としては、Tether(USDT)のようなステーブルコインといった、金を表すデジタルトークンなどがあります。資産のトークン化は、安全性を確保するための簡単で便利な方法です。また、取引がより速く、かつはるかにシンプルになります。ブロックチェーン資産は、その流動性を高め、より小さな単位に分割することも可能にするのです。

トークンと呼ばれる取引可能な権利のデジタル表現は、Bitcoinの支払い分を送信するのと同様に、個人間で簡単に転送することができ、基本的に誰もが実質的にあらゆる物の所有権の売買や取引を実現します。

現在大きな可能性を秘めているのが不動産のトークン化です。従来の市場では、不動産を丸ごと譲渡しなければなりませんでしたが、一度トークン化すると、分割して単位あたりでの売買が可能になるので、取引がよりしやすくなります。さらに、資産のトークン化は安全性の確保にも貢献します。金のような商品は、現物取引の際に破損することがあり、その結果、価値を失うことになります。しかしトークン化されていれば、現物取引の必要がなく、安全性と品質が保証されます。

サトシ・ナカモトは、世界初の希少なデジタル資産であるBitcoinと呼ばれるトークンを生み出しました。ブロックチェーン技術が付与したセキュリティ上の優位性としては、トークンのコピー制限によって供給数、ひいては特定のトークンの価値を確保している点が挙げられます。現在、トークン化のための主要なコンピューティングネットワークはEthereumです。ERC-20、ERC-721、ERC-875、ERC-1155、ERC-1400などのトークンは、本質的にはEthereumブロックチェーンを利用したスマートコントラクトとなっています。

トークン化が新たな経済を拓く

トークン化される権利の種類に基づいて、トークンの発行者は、代替トークン、非代替トークン、半代替トークンの異なったスマートコントラクト基準を選択します。非代替トークンは、互換性のないユニークな商品の表現を可能にすることで、トークン化をさらに発展させました。これらは、暗号アート(レアアート)、暗号収集品、クリプトゲームなど、いくつかの特定のアプリケーションで使用されています。

非代替トークンのスマートコントラクトは、不動産、アート、株式、自動車などのトークン化に使用されてきましたが、最近は投資とエンターテイメントの新たな道としての可能性が見出されつつあり、スポーツタレントや有名人とファンの距離を縮める方法として急速に人気を集めています。

価値ある資産の概念が世代によって異なることを、私たちの誰もが目の当たりにしています。1997年から2012年にかけて生まれたジェネレーションZはデジタル資産を大切にすることで所有権を再定義したと、Maya Middlemiss氏は述べています。

15歳のローラ*と彼女にとっての価値とは何かについて話をしたとき、彼女は最も重要な資産は携帯電話だと言いました。重要なのはデバイスではなく、コンテンツでした。

Maya Middlemiss氏

例えばUberが車を所有していないように、私たちの子供たちの世代は家を所有しない代わりにデジタル資産としての富を所有することになるのかもしれません。テクノロジーはこのような価値観を実現するものなのです。テクノロジーこそが明日の力なのです。

Share:
Whatsapp
SOCIALICON
SOCIALICON